アスリートと水素水の相性がいい理由

メジャーリーガーのイチロー選手やプロゴルファーの石川遼選手、テニスの伊達公子選手など、錚々たる顔ぶれが水素水を愛飲していると公言しています。

体調や食事に人一倍気を使うアスリートたちに、水素水がどのような効果を発揮しているのか説明していきたいと思います。

疲労物質が軽減

第一線で活躍するアスリートは、最大限に潜在能力を引き出すことを大切にしています。 それは長期的な計画で、日々努力の積み重ねによって作られています。

その中でカギを握るのは疲労回復です。 短時間の激しい運動で体からは悪玉活性酸素が発生します。

悪玉活性酸素は強い酸化力で体を錆びつかせる物質で、呼吸で取り込んだ酸素から2%の量が発生します。 常人以上の運動量を誇るアスリートたちは、必然的に大量に悪玉活性酸素を発生させてしまいます。

水素は悪玉活性酸素の中で最も毒性の強い『ヒドロキシラジカル』に結びつきやすく、毒を無効化してくれる性質があります。

さらに筑波大学での実験データでは、朝・昼・夕と水素水を摂取して運動後の疲労物質を調べたところ、水素を摂取することによって乳酸値と筋疲労物質CK(クレアチンキナーゼ)が抑えられていたことがわかりました。

乳酸は運動時に生成される化合物で、クレアチンキナーゼは筋肉細胞が壊れた時に血液に流れ出す物質です。 これらの物質を水素水は抑え、疲労の原因となる悪玉活性酸素を除去して超回復を促す力が備わっていることが証明されました。

また、飲み方ですが、1度に200ml程をこまめに分けて飲むのが効果的であるとされています。

運動中はもちろん、運動後に飲むことで副交感神経が優位に働き、リラックス効果で細胞の修復が早まると言われています。悪玉活性酸素が発生しやすいのも運動後なので、アフターケアとして摂取するのもおすすめです。

運動能力の向上

筑波大学の臨床試験では、水素吸引後に「視野・聴力・皮膚感覚・指運動・膝運動・左右認知・短期記憶・握力」の8項目の機能の向上が見られることが分かりました。

脳機能のパフォーマンス改善によって、五感を目一杯使った状況下での「判断力」を活かせることが期待されます。

体調管理にもってこい

疲労回復効果や運動能力の向上が認められる水素水はアスリートにとって体調管理をサポートしてくれる優秀な飲料です。 また、アスリートではなくとも、普段から仕事や運動で体を使われる方にもおすすめです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA